山口旅行~3日目・4日目

角島大橋 旅行

7時前に起床。前日、というか4時間ほど前までBARにいたのに、混雑するであろう角島大橋や下関に、できるだけ早めに到着したいので出発しないとならない。チェックアウトは8時頃だったかな。

スポンサーリンク

元乃隅稲成神社

9時、千畳敷を経由して、ひとつ目の目的地元乃隅稲成神社へは9時半。だいたい予定通り。
千畳敷

元乃隅稲成神社

元乃隅稲成神社

元乃隅稲成神社

角島

走っている車も少なく、シルバーウィークなのに今日も順調と思っていたのも、角島大橋の駐車場手前で混雑。到着は10時半。まだ早めの時間だったので、空きを待つことなく車を停めることができた。車は列を作っているが、橋の出入り口で詰まっている程度。天気も良くて最高な角島大橋の絶景が眼前に現れる。

角島大橋

角島大橋

角島大橋

角島大橋

橋を渡って11時半、角島の灯台まで行こうとしたけど車の量も増えてきたし、しおかぜの里角島はかなりの混雑具合になっていたので、灯台は諦めてお土産購入と昼食。食事処は列になっていてかなり待った。13時前に出て角島大橋へ戻ると、橋の手前から渋滞。それでもまだ余裕があったはずが、下関の街が近づいてくるほど車の流れが悪くなる。山口県へ入って、初めて都市っぽい雰囲気になった。

長府

長府へは15時過ぎに。ぶらぶら歩いて長府毛利邸と功山寺まで。長府庭園にも行きたかったが、宿に17時頃には着きたいし、どうにも時間がないので諦めた。

長府

長府

長府

長府

長府

長府

長府

ふぐ

17時、山口行きを決定してすぐに確保した割烹旅館寿美礼。ふぐフルコース。夜に門司港の夜景を見に行きたいので早めの夕食で18時スタート。お酒はもちろん、ふぐひれ酒で。

ふぐ刺しにはじまり、うにやふぐのからあげなどを挟み、ふぐ鍋、雑炊で〆。お腹いっぱいの大満足。ゆっくりし過ぎて夜景を見に行く時間が迫る、20時前。

寿美礼

寿美礼

寿美礼

寿美礼

寿美礼

門司港

門限は22時。その時間には閉めないとのことだけど、遅い戻りに迷惑かけてもいけないので22時戻りの電車を調べると、門司港での正味の時間は1時間ほど。

急ぎ足での門司港のライトアップ&夜景撮影。
門司港レトロ

門司港レトロ

門司港レトロ

門司港レトロ

門司港レトロ

門司港レトロ

門司港レトロ

門司港レトロ

22時に宿に戻って、お風呂で寛ぐ。前日まで遅い時間まで飲んでいたので、23時には布団の中へ。

唐戸市場

最終日、朝食も早めの時間設定でお願いした。夕食も最高だったが、朝食も美味しかった。が、のんびりもしてられず。

帰りの新幹線は11時半。11時には新下関でレンタカー返却して、となると10時半を目処に新下関へ向かわないといけない。唐戸市場の駐車場方面は列を作っていたので、赤間町の駐車場を利用。あるいて唐戸市場へ。着いたのは9時前だったと思うが、場内はすでに大混雑。店舗もたくさんあって、同じネタが買った店より安いところがあったりして悔しかったり。

萩のしーまーとで魚を買って家へ宅配済みなので、唐戸市場での目的は帰りの新幹線で食べるためのお寿司を買うことのみ。だったが、下関大丸で生の外郎を買いたかったんだと思い出した。山口市で外郎を買ったけど、賞味期限が短いので旅行中に食べて、下関でお土産用のを買うことにしたのだった。

急いで大丸で外郎買って、ついでに近くにあった瓶うに買って新下関へ。新幹線の時間にも間に合った。

おわりに

終盤になるにつれ慌ただしい行動になってしまい、寄れなかった場所も多々あったけれど、それなりに充実して観光できた。もっと余裕ある予定にできれば良かったのだろうけど、詰め込み過ぎる悪い癖。

萩の夜は、弘前・出雲・熊本に並び記憶に残る思い出に。山口県、またいつか魚と酒を堪能しに行きたい。

コメント