V・プレミアリーグ女子 川崎大会

東京マラソン バレーボール

先週の大田に続いてのバレー観戦。男子の後に女子を観てはダメと再認識。会場は続くラリーに盛り上がってはいたけれど、単に決定打がなかっただけでは?まあ、粘り強い拾いもあったし、フェイント合戦というわけではなかったので、その点は良かった。

スポンサーリンク

JT vs 久光

何をどうやったら久光負ける?って思う。で、負けた。JTが良かったとも思わないんだけど、フルセットの末勝利。観戦場所がサイドもサイド、ネットほぼ真横で全体が良く見られないので何がどうだったのかはよくわからない。琴絵見て楽しんでいたからいいか。

琴絵に対抗して?琴希もしっかりオーバーでトスを披露してくれた。トス動作は琴希の方が自然に見えたが、アンダートスも多用するからね。

JT石井、いつかのサマーリーグで目をつけて、その後一旦消えて、こうしてまた観ることができた。まあ、上手い。

デンソー vs NEC

首位のNEC。今季はチームがまとまっていて良い。一発の力は無いけれど、こういうチームを強いチームと言うのだと思う。

デンソー、練習で目に止まったのが鍋谷。いいスパイク打ってた。試合でもそこそこ良かったと思うけど、なんかまだ活かされていない気がする。鍋谷だけでなく大竹もだけどね。鈴木はレフトに移って苦しんでる感じ?

個人的にデンソーは見ていてつまらないチームで、今季もやっぱり変わってなくて、その要因はセッター熊谷。一発勝負になっていた最終セット、打ち合いだったら強打の外国人さんがいるので有利になりそうだけれど、そうならなかった。そうならないための伏線を自ら序盤から引いていたから。

一方NECの麻琴、ちょっと色々まわし過ぎって気もしたけれど、面白いなこの人。杉山が控えにまわり、要所を締めるような存在になった?で、先発していた両ミドルが力強いクイックを打つ。それもラリー中の攻撃が目立った。近江・内田のサイドもしっかりしてるし、途中で外国人さんと代わってオポに入った選手も、いいスパイク打つ。粘りのディグ、堅実なつなぎ。ちょっと前の岡山と似てる?いや似てないと思うよ。

さて、男女とも顔と名前がわからない選手ばかりになってきた。戦評書いてある掲示板やブログもあまり見なくなったし、Twitterも追い切れない。まあ、そっちの方が変なバイアス掛からず見られて良いのかも。

なお、タイトル前の画像はバレーとは一切関係ない。翌日の東京マラソンのひとコマ。

コメント