VC長野・岡谷大会2日目

VC長野トライデンツ バレーボール

V・チャレンジリーグⅠ男子の2017/18 シーズンが11月4日に、地元岡谷の市民総合体育館で開幕。

4日の開幕戦は松本へ運動して飲んで来る、といういつも通りの土曜日を過ごしたため、大会2日目の5日に観戦してきました。VC長野は開幕2連勝と最高のスタートです。

VC長野 vs 大同特殊鋼

スタメンは安定の栗木・峯村・小林のウイングスパイカー陣に、ミドルブロッカー森崎とリベロ山本。アレキサンダーの抜けたところは、大分三好から移籍した田中が。そしてセッターは長田。昨年の正セッター多田が選手兼コーチになり、若手へ世代交代といった感じでしょうか。

アレキサンダーの抜けた穴が心配ではあったけれど、田中はまずまずな印象。ブロックの高さはありそうなので、もう少し横移動が早くなるといいかな。この辺、森崎の身体能力の高さが目立つ。

セッター長田は、多田のようにコート中を駆け回って盛り上げるというタイプではないけれど、安定感あって好印象。セッターが替わっても昨年までのVCらしさは変わらず、幅広い攻撃を見せてくれました。リベロもセカンドセッターとして機能してて良いです。

圧倒的な存在感を見せたアレキサンダーとベテランセッター多田の穴が、長いリーグ戦の中でどのように影響してくるか。若手中心に昨季の3位を上回るのはもちろん、優勝目指して勝ち続けてほしいと思います。

ということで、写真いっぱい。

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

VC長野トライデンツ

コメント