山形観光~月山・湯殿山・羽黒山五重塔

羽黒山五重塔 雑記

月山

月山登山に行くので朝食は7時15分からと、通常より早めにしてもらった。夕食同様、朝食も美味しい。朝食時間が8時からの設定の旅館だったら、最悪朝食は無理かなと思っていたので、登山前に朝食をしっかり食べられたのは大きい。

8時過ぎにチェックアウト。1時間ちょっと、9時半前にはリフト乗り場の駐車場へ付いた。天気予報は午後から崩れる予報。月山朝日観光協会のブログによると、雲海も出て月山を満喫できるとの情報。

装備を整え、登山開始。前日のお釜が涼しかったので、長袖シャツで登る。

登山道は木道などが整備されていて、歩きやすいし迷うこともない。難所もなく、山頂手前の岩場が少しキツイくらいの初級コース。懸念した霧はほとんどなく、しかも夏の日差しがない絶好の登山日和。素晴らしい眺望。

しかし、それは山頂目前にして訪れた。雨、そして強風。もう1時間、いや30分早く登り始めてたら、山頂からの景色も堪能できたと思うと少し残念だけど、そんなこと言っている余裕がないくらいの状況。

山頂小屋で少し雨をしのぎ、軽く補給を済ませ、雨の中月山神社へ。

月山

月山

月山

月山

月山

月山

月山

月山

月山

月山

月山

参拝し終わった頃は、とにかく風が強く下山するのを躊躇う。しばらく様子をみながら、12時過ぎ、ナウキャストでは雨は過ぎ去っていくようなので下山開始。

しかし山頂付近は立っているのもやっとなほどの強風。視界も悪いので、他に下山する人たちを待って、後ろを付いていくことにした。下るごとに風は弱まり視界も開けててきたが、雨は振り続けてる。流石に数時間雨に打たれたので、レインウエア着ていても染みてくる。シューズもGORE-TEXのやつだけれど、ローカットなので口元から雨が入ったりして濡れてしまった。

それでも予定の14時頃にはリフトに乗り、駐車場に戻れた。ただ、慣れない登山。調子に乗って下って来たせいか左膝裏に激痛が走る。もともと右膝痛があるので、それをかばっていたせいかもしれない。結局この膝の痛みは、旅行中和らぐことはなかった。

湯殿山

15時過ぎに湯殿山。雨はやまない。

「語るなかれ、聞くなかれ」というこのなので語りませんが、何だか温まるような気がします。

湯殿山

羽黒山五重塔

16時過ぎに湯殿山を出て、宿泊場所の羽黒山の宿坊へ向かう。18時宿坊到着。

宿坊の女将(という呼び方でいいのかな?)の強引な案内で、同時刻に到着した見知らぬ人と一緒にお風呂へ入ることに。

19時からの食事は精進料理。なかなかどうして美味しい。

で、食事の後は雨もあがったようなので、五重塔のライトアップを見に出かける。

羽黒山五重塔

羽黒山五重塔

羽黒山五重塔

羽黒山五重塔

羽黒山五重塔

羽黒山五重塔

門限21時とのこと。宿坊へ戻って翌日の天気予報をチェック。とにかく天気が不安定で、確認するたびに予報が大きく変わる。はじめ、weathernewsで翌朝20mm近い雨の予報、続いて気象協会で20~30mmとかいう予報。すると、weathernewsでは6~7mm程度に弱まる。という具合。weathernewsと気象協会でバラバラの上、コロコロ変わる。花火開催については当日6時に正式発表とのことだったけれど、雨は午後には上がりそうなのでこの調子なら大丈夫かなと、ひとまず安心。

他にすることものないので早々に就寝。

コメント