リンプロジェクトのバイクウェイパックを買った

自転車で遠出するときに背負う容量の大きいバックは、メッセンジャーバックしかもってなかった。しまなみ海道走ったときも、琵琶湖一周したときも、太平洋目指して静岡行ったときも、メッセンジャーバッグで走ったのだけど、いつも肩が痛くなったりで、バックパックをいつか買おうと思っていた。

自転車はもちろん、旅行やらにも使いまわせたらと思い幾つか候補を選んだ。バックパックは背中が蒸れるとか言われているので、なるべく蒸れないやつ。

候補

適当に検索して調べたところ、どうもドイターあたりが定番ぽい。そんななか候補として残ったのは3つ。

  1. ど定番なドイターのやつ。
  2. お手頃本格アウトドアブランド・モンベルのやつ。
  3. いかにもなデザインでないリンプロジェクトのやつ。

選んだのはリンプロジェクト

ひねくれ者なので定番は避けたい。モンベルのはWEBで見た感じ、見た目がどうも。リンプロジェクトは、地元近くで取り扱ってる店がなさそうだ。どれも機能的には十分と思うが、コレだ!というものもなかった。

リンプロジェクトのディーラー調べたら、横浜駅近くに取り扱ってるショップがあった。4月のはじめ、お花見で横浜へ行く機会があったので、集合前に立ち寄ってみた。

ドイターやら他のメーカーのバックパックも置いてあったので、少し背負ってみたりした結果、選んだのはリンプロジェクト。作りも悪くなさそうだし、ローディー的なデザインでないのが自分的にマル。サイクルジャージとか持ってないし、長距離もカジュアルな服装で走ってしまうので、あまりスポーティーさ溢れるデザインなものより、普段使いしても違和感少ないものがよい。

使ってみて

背中の部分がアーチ状になっていて直接背中に当たる部分が少なく、風の通りみちができる構造。背負った感じは悪くない。

ここ最近ジムへ行くのに使っている。容量は運動着・タオル・シューズ・プロテイン用のカップを入れて、ウインドブレーカーも更に詰め込める。ドリンク用のボトルは、サイドのポケットに。しっかり入れないと落ちてしまうことがあった。ペットボトル程度の太さなら問題は無さそう。ショルダーベルトの調整は簡単にできる。

アーチ部分は固いので形が崩れない。これは電車で膝の上に載せて抱え込んでも小さくなってくれないので、少し扱いにくい。 しっかり壁にもたれさせて置かないと、すぐ反対側に倒れてしまう安定感の悪さもあったりする。バッグの容量はそこそこあるけど、内部もアーチ状になっているので、一般的なバックパックのイメージで物は入れづらい。

自転車での使用は今日でニ回。一回目はバレーの練習に、二回目は諏訪湖二週分カメラとレンズを入れて走った。背中に当たる部分が少ないので、嫌な蒸れ方はしない気がする。風がスースーと入ってくる感覚はないけど、どことなく涼しげな気もしなくもない。より前傾ポジションの方が恩恵あるかも。メッセンジャーバッグよりは身体への負担が少なく快適な気がした。

背中の高い位置で背負うと、アーチ部分の上部が頭に当たる。ヘルメットの人はもっと窮屈かも。バッグの大きさに対して身長が低いせいもあるかもしれないし、背中全体で背負うには、あまり高い位置でなく腰に近い側で背負った方が楽かもしれない。

ということで、個人的用途の中の細かい部分で使い勝手が悪い部分はあったけれど、概ね満足。

GWはこれ背負って日本海を目指す。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする